Newsお知らせ

2021年12月24日その他

【問題解決事例】
商品を最大限に見せつつ、いたずら防止・商品の固定を実現

 

お客様からパッケージのリニューアルのお話をいただき、既存の軟包装から商品をしっかり
固定できる化粧箱にしたいというご要望をいただきました。

<お客様からのご要望>
・吊り下げにも直置きにも対応でき、包装作業効率の良いパッケージ。
・商品の特徴であるトリガー部分を見せたい。
・ボトル本体のラベルデザインを見せたい。
・店頭でのイタズラ、盗難を防げる形状。(商品をしっかり固定)
・ビジュアル面を確保するため、台紙付きにしたい。
・顧客層は男性だが、女性も取り込めるものにしたい。
・黒ベースで高級感を出したい。

<弊社のご提案>
●形状
ボトルヘッドやボトル本体がよく見える形状のため、箱と商品との接地部分が少なくなります。
その上で、「いたずら防止・商品の固定」の機能を持たせるため、フラップの形状を工夫したり、
箱本体を利用することで「トリガーを押せない、本体が抜けない・回らない」の3 つの機能を
実現することができました。

●素材
・素材に紙を採用することで高級感を表現でき、印刷面も広く使えるといったメリットが活かせました。
・紙製で1パーツ(化粧箱)におさめているため、脱プラや資材管理、生産性に貢献しています。

●ビジュアル
<質感>
・光沢感のある商品ボトルを際立たせるため、化粧箱はマットな質感にし差を出しました。
<デザイン>
・黒に映えるキーカラーとミストをイメージしたデザインで、商品全体に一体感を与えました。
・曲線やロゴで柔らかさを出し、女性も手に取りやすくなるよう意識しました。